OGPをWP-OGPのプラグインを改変して設定する!!2015年のOGP最新設定

LINEで送る
Pocket

今度こそ。。。OGPの設定で何時間、というより何日?何ヶ月?かかってるんや。。。という感じなのですが、もう最初の投稿から1年なので、時間をかけてでもこれでOGPの設定は終わりにします!!!

ということで、今度こそ最後。2015年ももう終わろうとしてますが、これが最新のOGP設定方法です。

WP-OGPのプラグインを改変して設定する

最初は、もうWP-OGPを使わずにOGPを直でheader.phpに書いて設定しようとしていました。が、WP-OGPが、ホーム、投稿、固定ページ、それぞれでdescriptionやURL等の変更を自動でやってくれる記述をheaderに直接書こうとすると、記述がすんごく長くなりすぎます。
ここでWP-OGPのありがたさを実感したというかなんというか。。

そんなわけで、WP-OGPをだいぶ把握できてきたので、ありがたくそのまま改変して使わせてもらうことにしました。

というわけで、

WP-OGPの改変その0

これは前回ブログで少し改変したので、その改変した状態から入ります。説明、詳細は前回ブログの改変項目を読んでくださいね。

まずは改変前に、html宣言部分に、

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xmlns:og="http://ogp.me/ns#" xmlns:fb="http://www.facebook.com/2008/fbml">

を記載します。で、wp-ogp.php の、38,39,40行目あたりにある fb:appidfb:app_id に変更して、

define('OGPT_DEFAULT_TYPE', 'website');
define('OGPT_SETTINGS_KEY_FB_app_id', 'wpogp-fb:app_id');//この行です!
define('OGPT_SETTINGS_KEY_FB_ADMINS', 'wpogp-fb:admins');

こうします。で、107行目あたりからの、wpogp_image_url()の関数を、

function wpogp_image_url() {
	global $post;

	//$image = get_the_post_thumbnail_src(get_the_post_thumbnail($post->ID)); // 元からあった記述。これを
	$image = get_the_post_thumbnail_src(get_the_post_thumbnail($post->ID,'full')); // アイキャッチ画像を使用する時はこれを使用
	//$image = get_the_post_thumbnail_src($post->post_content); // 本文内の画像を使用する時はこれを使用

	if ( empty($image) )
		{ return wpogp_image_url_default();}
	else
		{ return $image; }

}

上記のように編集します。ここからが新しい改変です。

WP-OGPの改変その1

102行目からのこの部分がデフォルトでWP-OGPのイメージ画像になってるので、この部分にサイトのアイコンなりイメージを入れる。

function wpogp_image_url_default() {
	// default image associated is in the plugin directory named "default.png"
	return wpogp_plugin_path() . '/ABC.png';//この部分にサイトのアイコンなりイメージを入れる。
}

ここでは “Webデザイン ABC” のロゴ(ABC.png)を指定したので、このロゴの画像を、
wp-content/plugins/wp−ogp
のフォルダ内にFTPソフトなどで入れます。

ogp01

これで、ホーム画面や、アイキャッチの指定等ない場合は、この画像が表示されるようになります。

もともとは “default.png” が記載され、フォルダには入っていたので、そのpngを書き換えれば、記述は変えなくてもOKですね。
とりあえずこれでOKですが、気になる部分を改変します。

※追記
アイコンの大きさは、200px×200px 以上でないとダメなようです。

スクリーンショット 2015-10-12 18.59.32ちなみに500px×500px でアップしたところ、でかく表示されすぎて横長になってたので、200px×200px 〜 250px×250pxくらいがいいようです。

WP-OGPの改変その2

イメージが2つ分読み込まれてたので、120行目くらいからの

function wpogp_set_data() {
	global $wp_query;
	load_wpogp_settings();
	$data = array();
	if (is_home()) :
		$data['og:title'] = get_bloginfo('name');
		$data['og:type'] = OGPT_DEFAULT_TYPE;
		$data['og:image'] = wpogp_image_url_default(); 
		$data['image_src'] = wpogp_image_url_default(); //この行を消す。img2つもいらない。
		$data['og:url'] = get_bloginfo('url');
		$data['og:site_name'] = get_bloginfo('name');
	elseif (is_single() || is_page()):
		$data['og:title'] = get_the_title();
		$data['og:type'] = 'article';
		$data['og:image'] = wpogp_image_url(); 
		$data['image_src'] = wpogp_image_url(); //この行を消す。img2つもいらない。
		$data['og:url'] = get_permalink();
		$data['og:site_name'] = get_bloginfo('name');
	else:
		$data['og:title'] = get_bloginfo('name');
		$data['og:type'] = 'article';
		$data['og:image'] = wpogp_image_url();  
		$data['image_src'] = wpogp_image_url(); //この行を消す。img2つもいらない。
		$data['og:url'] = get_bloginfo('url');
		$data['og:site_name'] = get_bloginfo('name');
	endif;
	
	global $ogpt_settings;
	
	foreach($ogpt_settings as $key => $value) {
		if ($value!='') {
			$data[$key] = $value;
		}
	}
	return $data;
}

この部分を消しちゃいます。問題ないでしょう。

あとは前の記事その前の記事にもあります、Facebookのディベロッパーツールの『デバッガー(Debugger) 』を使って(URL:https://developers.facebook.com/tools/debug/ 画像がでてるかをチェックします。
画像がきちんとしたものになっていればOK!!です。

バナー468-80_iPad-MacBook

まとめ

と、これで終わりたいとこなのですが、実はdescriptionが少々長くなっているので、それも気になるんですよね。

一応記載には
$post_desc_length = 75;
とありますが、日本語に対応していないようなので、descriptionが長〜〜〜くなってしまってます。ので、これも変更したいのですが、今のとこどうやればよいのかわかりません。。ですのでで、とりあえずわかったら再度改変しようと思います。

と、、、またいつになるかわかりませんので、もし『そんなことくらい簡単やん』とおわかりの方がおられましたら、ご教授よろしくお願いします。

そんなわけで、とりあえず2015/10現在では、この “wp-ogp.php” が最新の改変バージョンということで。



関連記事

z-index が効かない時の対処方法


z-index が効かない時がちょくちょくあります。でも、仕事でそういう場合に遭遇すると、その場しのぎで対処法を見つけて…

記事を読む▷


これは便利!!WordPressの投稿内に、管理者やログインユーザーにしか見れないメモを残す方法


よく投稿を途中まで作って、なかなか仕上げれずに長い期間あいてしまうと『これなんのサイト参考にしてたんやっけ?』とか『え〜…

記事を読む▷


『WinSCP』をMacで使えるようにする方法!!


FTPソフトの中では、やはり『WinSCP』が一番使いやすいです。でも、Macでは普通には使えません。。FileZill…

記事を読む▷


SyntaxHighlighter Evolved のサムネイル

WordPressで “SyntaxHighlighter” を使って、ソースコードをキレイに書く方法


よくwebデザイナーさんやクリエイターさん、プログラマーさんたちの書いてるwebサイトを見たら、ソースコードを、 …

記事を読む▷


URLwwwありなし

URLの正規化:wwwあり、なしのドメインを統一する記述方法(エックスサーバー(XSERVER) にて)


前回のブログ で.htaccessに301リダイレクトをするための記述方法について書きましたが、ついでにwwwあり、なし…

記事を読む▷


アイキャッチ_はてぶ

はてなブックマーク(はてぶ)でブックマークしたURLを、まとめて変更する方法!


ドメインの変更をすると、301リダイレクトで対策をしたとしても(詳細はこちら)やはり今まで稼いできた被リンクも一緒に変更…

記事を読む▷


サーバー移転の手順 その2:データベースの移行(phpMyAdminを使って)


前回サーバ移転の手順 その1:サーバーからサーバーへの移行(同サーバー(EXTREM)同士)からの続きです! って…

記事を読む▷


onMouseOver、onMouseOutで、簡単にテキストを切り替える!


前回のonMouseOver,onMouseOutで簡単に画像を切り替える!の続き、応用編です。 実はこちらサイト…

記事を読む▷


正しいショートハンドの書き方のまとめ


コピペ用、ショートハンドのまとめです。 まずはややこしい【background】プロパティから。 【backgr…

記事を読む▷


WordPress:特定カテゴリで投稿を古い順に表示させる方法


Wordpressの投稿の表示は、デフォルトでは新しいものから表示されますよね。でも特定カテゴリーでは反対(投稿した順番…

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

参考にさせていただいてるサイト

Error: Feed has an error or is not valid

PAGE TOP