WordPress:プラグイン”RSSImport”を使って気になるサイト等の最新情報を表示させる方法

前回はRSSのボタンを自分のサイトに表示させる方法を書いたのですが、今回は自分のサイト以外(勿論自分のものもOK!)の気になるサイト等の最新情報を、RSSを使って表示させる方法です。

RSSImportの使い方

RSSImportというプラグインを使って表示するのですが、プラグインのインストール方法は、

WordPress管理画面/プラグイン/新規追加

の画面で検索すれば”RSSImport”がすぐにでてきますので、そこからインストールして”RSSImport”を有効にしておきます。
RSSImport インストール

この行程は簡単なので省略しますね。

で、ショートコードを記事、またはソースに埋め込む作業なのですが、RSSフィードが公開されてるサイトとそうでないサイトがあるので、まずは公開されてるサイトから。

RSSフィードを公開しているサイトの場合

以下のショートコードを投稿内に記載して、表示したいサイトのRSSフィードのURLを”RSSフィードのURL”の中にコピペします。

[RSSImport display="5" feedurl="RSSフィードのURL"]

これはデフォルトの設定で、5つの記事が表示されます。
※ 『[』は半角のままだとエラー表示になるので、全角で記載しています。コピペする場合は 全角の『[』 → 半角の『[』 に入力し直して使ってください。

ソースに埋め込む場合は、

<?php RSSImport(5, "RSSフィードのURL"); ?>

です。

“RSSImport”さえインストールされていれば、これだけでOKです!!

RSSフィードを公開してないサイトの場合

表示させたいサイトのURLを
http://ic.edge.jp/page2feed/
このサイト内にRSSフィードを作成する場所がありますので、ここにURLを入力して、作成されたURLを上記の “RSSフィードのURL” の中にコピペすればOK!!
RSSを生成する実験的サービス

※ 上記サイトは、実験的なサービスのため、現在は”無料”ですが、告知なく終了する場合があるようです。

2017/12/17追記:
2017/05/16にPage2Feed APIのサービスは終了となっていましたので、
代替サービスを追記しておきます。

Happyou Final Scraper

簡単でしたね!!

オプションでレイアウト設定を変える事もできますが、それはまた書きたいと思います。とりあえずはこれで。



関連記事

Database Search and Replace Script in PHP

ドメイン&WordPressを含むサイトの引越しでの、URL変更作業:『DATABASE SEARCH AND REPLACE SCRIPT IN PHP』を使って


最近サーバー移転をして、その時々に起こった問題や注意点を記事にしてましたが(301リダイレクトの記述方法、URLの正規化…

記事を読む▷


URLwwwありなし

URLの正規化:wwwあり、なしのドメインを統一する記述方法(エックスサーバー(XSERVER) にて)


前回のブログ で.htaccessに301リダイレクトをするための記述方法について書きましたが、ついでにwwwあり、なし…

記事を読む▷


『WinSCP』をMacで使えるようにする方法!!


FTPソフトの中では、やはり『WinSCP』が一番使いやすいです。でも、Macでは普通には使えません。。FileZill…

記事を読む▷


Thumbnail_Icon_firefox_bug

Firefoxでなぜか消える、Tableのborder対策、cssのみでの解決法


Firefoxでなぜか消えてしまうTableのborder、いつもじゃなく、たまになのでこれがやっかい。。原因がわからな…

記事を読む▷


2015最新版:PING送信先リスト20(WordPress Ping Optimizerへ登録するPingのURL)


色々と設定の見直し中なのですが、PingはSEO対策では大切なんですよね?正直まだイマイチPingは把握しきれていません…

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP