WordPress:プラグイン”RSSImport”を使って気になるサイト等の最新情報を表示させる方法

前回はRSSのボタンを自分のサイトに表示させる方法を書いたのですが、今回は自分のサイト以外(勿論自分のものもOK!)の気になるサイト等の最新情報を、RSSを使って表示させる方法です。

RSSImportの使い方

RSSImportというプラグインを使って表示するのですが、プラグインのインストール方法は、

WordPress管理画面/プラグイン/新規追加

の画面で検索すれば”RSSImport”がすぐにでてきますので、そこからインストールして”RSSImport”を有効にしておきます。
RSSImport インストール

この行程は簡単なので省略しますね。

で、ショートコードを記事、またはソースに埋め込む作業なのですが、RSSフィードが公開されてるサイトとそうでないサイトがあるので、まずは公開されてるサイトから。

RSSフィードを公開しているサイトの場合

以下のショートコードを投稿内に記載して、表示したいサイトのRSSフィードのURLを”RSSフィードのURL”の中にコピペします。

[RSSImport display="5" feedurl="RSSフィードのURL"]

これはデフォルトの設定で、5つの記事が表示されます。
※ 『[』は半角のままだとエラー表示になるので、全角で記載しています。コピペする場合は 全角の『[』 → 半角の『[』 に入力し直して使ってください。

ソースに埋め込む場合は、

<?php RSSImport(5, "RSSフィードのURL"); ?>

です。

“RSSImport”さえインストールされていれば、これだけでOKです!!

RSSフィードを公開してないサイトの場合

表示させたいサイトのURLを
http://ic.edge.jp/page2feed/
このサイト内にRSSフィードを作成する場所がありますので、ここにURLを入力して、作成されたURLを上記の “RSSフィードのURL” の中にコピペすればOK!!
RSSを生成する実験的サービス

※ 上記サイトは、実験的なサービスのため、現在は”無料”ですが、告知なく終了する場合があるようです。

2017/12/17追記:
2017/05/16にPage2Feed APIのサービスは終了となっていましたので、
代替サービスを追記しておきます。

Happyou Final Scraper

簡単でしたね!!

オプションでレイアウト設定を変える事もできますが、それはまた書きたいと思います。とりあえずはこれで。



関連記事

ping_2017

2017最新版:PING送信先リスト18(WordPress Ping Optimizerへ登録するPingのURL)


久しぶりに新たなサイトのためにPingの送信先リストをチェックしてみたら、、、このようなよろしくない状態でした。。 …

記事を読む▷


Ping送信先2020

2020最新版:PING送信先リスト10+2(WordPress Ping Optimizerへ登録するPingのURL)


管理しているサイトのPVがこの半年で1/3ほどに下がってしまい、色々試しているのですが全然回復せず、今年に入ってからさら…

記事を読む▷


WordPressのメニューを、footer等用に作成して追加する方法


WorPressのデフォルトでは、gnavi(グローバルナビ)にメニューを追加し、表示させることはできますが、foote…

記事を読む▷


☆100達成!PageSpeed Insightsのスコアアップ方法 その4:キャッシュの設定をする


Google「PageSpeed Insights」のスコア(点数)をアップさせる方法 その『4』です! 今回はキャッ…

記事を読む▷


サーバー移転の手順 その1:サーバーからサーバーへの移行(同サーバー(EXTREM)同士)


現在使用しているサーバーが、ここ数ヶ月、アクセスできない状態が頻発するようになりました。 その度にこちらからサーバーへ…

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP