サーバー移転の手順 その1:サーバーからサーバーへの移行(同サーバー(EXTREM)同士)

現在使用しているサーバーが、ここ数ヶ月、アクセスできない状態が頻発するようになりました。
その度にこちらからサーバーへ連絡し、対応してもらい、
『ご利用サーバーの高負荷によってサーバーへアクセスし難い状況となっておりました。…』
との回答を得ておしまい。という作業の繰り返し。。

勿論このようにきちんと対処はしてくれますが、週1,2回の割合で頻発するようになり、たまらずクレームを入れ、サーバーを移転するに至ったわけです。
ちなみにこちらのサーバーです。

他の会社のサーバー移転も検討しましたが、正直ここのサーバーより安くて機能も充実してるところが見当たらないのですよね。対応もメールだけですが、そこそこ迅速に返事いただけますし。ま、値段の割には満足度はかなり高いので、結局現在利用しているサーバから、他の安定しているサーバへの移転、というご提案いただき、それで我慢してみることにしたのですが、、、
サーバー、そしてデータベースの移行は簡単なものではなかったのですよねぇ。。

なので今回はその手順を忘れないように書いておきます。
共有サーバということで、またトラブル多発となって、同じようになる事もあり得ますので。

ってことで、簡単に流れを書いて行きます。

1, 現在の会員ID・パスワードにて新規サービスの申し込み

サービス申し込み場所は
http://www.extrem.jp/order.php

ちなみにマスタードメインは変更しないとダメでした。

2, データのバックアップ

当たり前ですね。

これはFTPソフトを使ってバックアップ、あとはこのEXTREMのサーバー内にあるファイルマネージャという中にあるバックアップ機能を使い、全ファイルをバックアップします。
スクリーンショット 2014-10-11 0.27.49

あとWordPressを使用していたため、データベースのバックアップがあるのですが、これは少々やいこしかったので、に書いてます!

3, 独自ドメインの削除→設定

まずは現在設置されている独自ドメインをサーバ上から削除

そして新たに設置したサーバーへ設定

データベースの設定も次に書いてます!

4, メールアカウントの発行

現サービスにてメールサービスを利用している場合、新規サーバーにて改めてメールアカウントを発行しないといけません。
この時、DNS浸透中に送られたメールの取りこぼしを防ぐため、使用中のメールソフト側に旧環境のアカウントの追加設定をすることを忘れないように!

(サポートの方からは、メールアカウント設定時、送信メールサーバ/受信メールサーバに、ホストのサーバー名[○○.extrem.jp] or IPアドレス[00.000.000.000]を指定するように言われてます。
また、移転後サーバ用の設定を変更するのではなく、新たにアカウントを追加して新旧両方の設定が存在する形で利用するようにとも注意書きがありました。)

とりあえずは以上かな?

あとは移転後に困ったトラブルもあったので、
次はとりあえずデータベースの移転、
その次にはトラブル対処方を書きたいと思います!

Google AdS



関連記事

『reCAPTCHA v3』を問い合わせページのみ&左側に表示させる方法:その1


最近お問い合わせページにちょくちょく迷惑メールがくるようになりました。『Akismet Anti-Spam』も有効にした…

記事を読む▷


スマホ、携帯からタップ(クリック)で電話を発信する、htmlの記述方法 コピペでOK!!


スマホ等のタブレット、また携帯で、電話番号をタップ(クリック)して直接かけるhtmlの記述方法です。 …

記事を読む▷


[http] から [https] へ。常時SSL化対応:ワードプレス、エックスサーバー環境にて


今更ですが、、、SSL化対応することにしました。 Googleが『SSL化されたWebサイトはランキング評…

記事を読む▷


公開日を最終更新日にする!サムネイル

検索結果に最終更新日を表示させてクリック率をアップする方法!新規投稿時には公開日を表示させる!


以前は検索結果で1ページ目上位3番目以内に半年以上表示されていた記事が、いきなり圏外となってしまいました。Googleの…

記事を読む▷


サーバー移転の手順 その3:移転後のトラブル


前回、前々回と書きましたが、サーバーの移転、少々、いや、かなりやいこしいです。できたあとは疲れ果てて『もーできたしえーわ…

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP