URLの正規化:wwwあり、なしのドメインを統一する記述方法(エックスサーバー(XSERVER) にて)

LINEで送る
Pocket

前回のブログ で.htaccessに301リダイレクトをするための記述方法について書きましたが、ついでにwwwあり、なしのURLの正規化(統一)をする記述も、これを機に全てすることにしました。
ちなみにこれをすることにより、検索エンジンでの被リンクの分散が防げるので、SEO的にはこちらの方がよい、というより、SEOを意識するならしておくべきこと!のようです。

で、現在使ってるエックスサーバー(XSERVER)に少し記述について質問をしたところ、少し注意点と不要な記述もあるようでしたので、それも合わせて書きたいと思います。

ちなみにサーバーの引越しをして以来、と言うか、引越しをする前からエックスサーバーはいい!と聞いていたのですが、サポート面であったり速度であったり、そして共有サーバーでありながらダウンがまだ一度もない!等(稼働率、なんと99.99%以上!!)、ビジネスサーバー並みに安定しているので、それだけで満足していたのですが、ほんとサポート面ではなかなかメール返信が早く、そして丁寧ですごくいいですね。
ついでに言うと、期間限定で独自ドメインがプレゼント!され、エックスサーバーに契約している限り、更新料はずっと無料!!(2016年1月29日まで)等、いやはや、ほんとありがたい機能、サービスですごく満足です。

そんなわけで、エックスサーバーでの記載方法と、せっかくなのでそれまでに教わった記述方法も合わせて、覚書きしておきます。

URLの正規化の記述方法

wwwをなしで統一する場合

Options +FollowSymLinks(XSERVERでは不要)
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^https://www.webdesign-abc\.com
RewriteRule ^(.*)$ https://webdesign-abc.com/$1 [R=permanent,L]

これで https://www.webdesign-abc.com にアクセスされた時、https://webdesign-abc.com へ転送されるようになります。
(※アドレスは置き換えてください)

wwwをありで統一する場合

Options +FollowSymLinks(XSERVERでは不要)
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^https://webdesign-abc\.com
RewriteRule ^(.*)$ https://www.webdesign-abc.com/$1 [R=permanent,L]

これで https://webdesign-abc.com にアクセスされた時、https://www.webdesign-abc.com へ転送されるようになります。
(※アドレスは置き換えてください)

1行目の記述は、エックスサーバーでは必要ありません。
また『Options +FollowSymLinks』の記述であれば通常は問題ないようですが、「+」を省き『Options FollowSymLinks』とすると、エラーが発生することあるようですので、[+]をつけることを忘れないようにしてくださいね!

エックスサーバーで.htaccessを記載する時の注意点

上記が一般的なURLの正規化の記述のようですが、エックスサーバーでは.htaccessの頭に下記のような記述が自動で入ります。

suPHP_ConfigPath /home/アカウント名/webdesign-abc.com(ドメイン名)/xserver_php/
AddHandler fcgid-script .php .phps
FCGIWrapper "/home/アカウント名/webdesign-abc.com(ドメイン名)/xserver_php/php-cgi" .php
FCGIWrapper "/home/アカウント名/webdesign-abc.com(ドメイン名)/xserver_php/php-cgi" .phps

これは

削除すると正常に動作しない場合や、
想定どおりの動作をしない場合がございますので
削除されませんようご注意くださいませ。

とのことですので、これの後に上記のURLの正規化の記述を書いてくださいね!

以上、『URLの正規化:wwwあり、なしのドメインを統一する記述方法』でした!



関連記事

onMouseOver、onMouseOutで、簡単にテキストを切り替える!


前回のonMouseOver,onMouseOutで簡単に画像を切り替える!の続き、応用編です。 実はこちらサイト…

記事を読む▷


z-index が効かない時の対処方法


z-index が効かない時がちょくちょくあります。でも、仕事でそういう場合に遭遇すると、その場しのぎで対処法を見つけて…

記事を読む▷


サーバー移転の手順 その2:データベースの移行(phpMyAdminを使って)


前回サーバ移転の手順 その1:サーバーからサーバーへの移行(同サーバー(EXTREM)同士)からの続きです! って…

記事を読む▷


[http] から [https] へ。常時SSL化対応:ワードプレス、エックスサーバー環境にて


今更ですが、、、SSL化対応することにしました。 Googleが『SSL化されたWebサイトはランキング評…

記事を読む▷


2017最新版:SNS等の公式ロゴ(アイコン)素材のまとめ(Facebook, Instagram, Youtube, Twitter, Line etc.)


一度サイトを作ってしまうとなかなか更新せず使い回してしまうのが、この『SNSのロゴ(アイコン)』だと思うのですが、サイト…

記事を読む▷


お名前.com から脱出する!:ドメインの移管方法


『お名前.com』でドメイン取得してからは、『Whois情報公開代行』の件(詳細はこちら)で大変な思いをしたのですが、そ…

記事を読む▷


お名前.comで “Whois情報公開代行” の設定にチェックを入れ忘れて登録した時の対処方法


先日、こちら で少し書いたのですが、お名前.comでドメインを取った時に、 "Whois情報公開代行" の設定にチェック…

記事を読む▷


WordPressでGIFアニメが動かない時の対処法


今回アイキャッチ画像にGIFアニメを登録したのですが、登録時、また、メディアライブラリ内ではしっかりGIFアニメとして動…

記事を読む▷


アイキャッチ_はてぶ

はてなブックマーク(はてぶ)でブックマークしたURLを、まとめて変更する方法!


ドメインの変更をすると、301リダイレクトで対策をしたとしても(詳細はこちら)やはり今まで稼いできた被リンクも一緒に変更…

記事を読む▷


スマホ、携帯からタップ(クリック)で電話を発信する、htmlの記述方法 コピペでOK!!


スマホ等のタブレット、また携帯で、電話番号をタップ(クリック)して直接かけるhtmlの記述方法です。 …

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

参考にさせていただいてるサイト

PAGE TOP