日付を自動更新で表示させる! 簡単コピペ!!

先週『日付を毎月変えるの邪魔くさいし、サイトに書いてる日付とってくれへんやろか?』という依頼がありました。

とってもよかったのですが、やっぱり月に一回更新作業はしといた方がSEO的にもよいでしょうし、とるのはオススメはしませんでした。でもやっぱり依頼にはお応えしたい。。

ということで、とりあえず日付を自動で更新できたら、ちょっとは問題解決につながるかな?と思い、日付を自動更新させることにしました。
その記述、簡単だったので書いておきます。

記述方法

至って簡単です。
このように記載したい場合は

body内の表示したい場所に

<script language="JavaScript">
mydate=new Date();
Ye=mydate.getFullYear()+"年";
Mo=mydate.getMonth()+1+"月";
Da=mydate.getDate()+"日";
Day=mydate.getDay();
Day2=new Array(7);
Day2[0]="日";Day2[1]="月";Day2[2]="火";
Day2[3]="水";Day2[4]="木";Day2[5]="金";
Day2[6]="土";
document.write("<span style='color:#ff0000;'>");
document.write("今日は"+Ye+Mo+Da+"("+Day2[Day]+")");
document.write("です</span>");
</script>

と記述します。
※ 12行目はわかりやすいように直接styleを書いてますが、実際はオリジナルのクラスをつけて、text-align:center;等も足してます。

応用編

『今日は』とか『です』とか、クラスの設定(上の場合は、colorを赤になるクラス)
が必要ない場合はもっと簡単です。

<script language="JavaScript">
mydate=new Date();
Ye=mydate.getFullYear()+"年";
Mo=mydate.getMonth()+1+"月";
Da=mydate.getDate()+"日";
Day=mydate.getDay();
Day2=new Array(7);
Day2[0]="日";Day2[1]="月";Day2[2]="火";
Day2[3]="水";Day2[4]="木";Day2[5]="金";
Day2[6]="土";
document.write(Ye+Mo+Da+"("+Day2[Day]+")");
</script>

これでOK!!

『曜日』とか『日付』とかがいらない場合はさらに簡単です。

<script language="JavaScript">
mydate=new Date();
Ye=mydate.getFullYear()+"年";
Mo=mydate.getMonth()+1+"月";
document.write(Ye+Mo);
</script>

ついでにもうひとつ。
『年』とか『月』がいらない場合は、

<script language="JavaScript">
mydate=new Date();
Ye=mydate.getFullYear()+"/";
Mo=mydate.getMonth()+1;
document.write(Ye+Mo);
</script>

これでOK!!!

コピペするなり、応用して色んな表示にして使ってくださいね!

Google AdS



関連記事

『WinSCP』をMacで使えるようにする方法!!


FTPソフトの中では、やはり『WinSCP』が一番使いやすいです。でも、Macでは普通には使えません。。FileZill…

記事を読む▷


301_re-direct

301リダイレクトでサイトのリニューアル(ドメインを変更)する!:.htaccessの記述、設定方法、順序etc.


最近サーバーの見直し、ドメイン管理会社の見直し、サイト内の見直し等々しているのですが、以前から使用していたサーバー(エク…

記事を読む▷


お名前.com から脱出する!:ドメインの移管方法


『お名前.com』でドメイン取得してからは、『Whois情報公開代行』の件(詳細はこちら)で大変な思いをしたのですが、そ…

記事を読む▷


WP-OGPの設定方法:WPの投稿記事のサムネイルをFBできちんと表示させる


この記事は前回からの続きなのですが、、、実は1年経ってます。。下書きを途中まで書いてたのですが、あまりにも大変で途中で終…

記事を読む▷


『reCAPTCHA v3』を問い合わせページのみ&左側に表示させる方法:その2


前回書いた『reCAPTCHA v3』を問い合わせページのみ&左側に表示させる方法:その1の続きです! 今…

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Google AdS

  • Apple 製品情報




PAGE TOP