『reCAPTCHA v3』を問い合わせページのみ&左側に表示させる方法:その1

最近お問い合わせページにちょくちょく迷惑メールがくるようになりました。『Akismet Anti-Spam』も有効にしたり、簡易のクイズも入れたりして迷惑メール対策はしてたんですけどね。

ま、来るものは仕方ない。ということで、『reCAPTCHA v3』を導入したのですが、これがそのまま導入するとサイトの全ページに表示され、さらに右下にずっとでているので、かなり邪魔なんですよね。

reCAPTCHAを問い合わせページ&左側に表示させる1

と言うわけで今回はこの『reCAPTCHA v3』を問い合わせページのみに、そして左側に表示させる方法を書きたいと思います。
ちなみに環境は、Wordpressで「Contact Form 7」のプラグインを使用での話になります。

『reCAPTCHA v3』にサイトを登録をする

『reCAPTCHA v3』を使用するには、使用するサイトを登録して「API キー(reCAPTCHA の API を使用するためのキー)」を取得する必要があります。

そのためにはまず「Googleのユーザーアカウント」に登録している必要があるのですが、ここは簡単なので、Googleのユーザーアカウントに登録されている前提で進めます。

サイトの登録をする

https://www.google.com/recaptcha/admin/ からサイトの登録をします。API キーの管理などもこちらから行うことができます。

「reCAPTCHA-v3」サイト登録

上記のように必要情報を入力&選択して、送信(登録:Register)します。

問題なく登録されると以下のようなページに推移し、サイトキーとシークレットキー(APIキー)が表示されるので、コピー or このページは開いたままにしておきます。

「reCAPTCHA-v3」APIキー画面

ちなみにAPIキーは、設定の画面からも確認することもできますので『画面消しちゃった!』といった場合でも、焦らないでくださいね!

WordPressに『reCAPTCHAのAPIキー』を登録する

サイドメニューの「お問い合わせ」の「インテグレーション」の「インテグレーションのセットアップ」に、先ほど入手したサイトキーとシークレットキー(APIキー)をコピペし、登録します。

「reCAPTCHA-v3」APIキー入力1

「reCAPTCHA-v3」APIキー入力2

これで、reCAPTCHAがサイトに表示され、セキュリティレベルはアップしたのですが、全ページの右下に『reCAPTCHA』アイコンが表示されるので、邪魔で仕方ありません。。
特にページトップに戻るのボタンなどとかぶると、邪魔で邪魔で仕方ない。。

右下のreCAPTCHA

というわけで次は「問い合わせページにのみ&左側に表示させる方法」を、『reCAPTCHA v3』を問い合わせページのみ&左側に表示させる方法:その2にて。

Google AdS



関連記事

サーバー移転の手順 その3:移転後のトラブル


前回、前々回と書きましたが、サーバーの移転、少々、いや、かなりやいこしいです。できたあとは疲れ果てて『もーできたしえーわ…

記事を読む▷


☆100達成!PageSpeed Insightsのスコアアップ方法 その1:画像の圧縮&読込みを遅延させる


平均PVが約30,000/1月(1,000/1日)あったサイトが、この1年で徐々に下降していき、去年の1月と今年の1月を…

記事を読む▷


サーバー移転の手順 その2:データベースの移行(phpMyAdminを使って)


前回サーバ移転の手順 その1:サーバーからサーバーへの移行(同サーバー(EXTREM)同士)からの続きです! って…

記事を読む▷


OPG設定_3

WordPressのプラグインなしで、Jetpackと共存してFacebookやTwitter CardのOGPの設定をする!


先日、ようやく気になっていたOGPの設定を、WP-OGPのプラグインを変更して使えるようにしたのですが(詳細は こちら …

記事を読む▷


サーバー移転の手順 その1:サーバーからサーバーへの移行(同サーバー(EXTREM)同士)


現在使用しているサーバーが、ここ数ヶ月、アクセスできない状態が頻発するようになりました。 その度にこちらからサーバーへ…

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP