共有用FTPアカウントの作り方:XSERVERにて

今までサーバーは管理する側、作業も依頼されてする側だったので、これといって気にしたことはなかったのですが、いざこちらから作業の依頼をするとなった時、今まで使っていた全権限があるFTP情報をそのまま教えるわけにはいかないですよね。

作業を依頼する方=信用できる方、というのは前提なのですが、全ディレクトリの全権限のあるFTP情報を渡してしまうと、自分の把握していないところでトラブルが起こり、対応ができない、といった状況に陥ってしまうことも考えられますよね。

そんなわけで今回共有用のFTPアカウントを作ることにしたのですが、初めてなのでわからない。簡単なことではあるのですが、次回また同じ作業をする時、滅多にする作業ではないので忘れてるだろう。ということで覚書です!

共有用のFTPアカウントの作り方

今回はXSERVERで作業したので、XSERVERを例に。

サーバーパネルに入る

まずはサーバーパネル(サーバーの管理画面)に入り『サブFTPアカウント設定』の画面にいきます。

XSERVER『サーバーパネル』の画面

ドメインを選択→サブFTPアカウント設定へ

次にドメインの選択画面になるので、権限を与えるドメインを選択します。
ドメインが選択されると『サブFTPアカウント設定』の画面に移るので、

XSERVER サブFTPアカウント作成の画面1

サブFTPアカウントを作る

『サブFTPアカウント追加』のタブを選択すると、以下の様な画面になるので、必要情報を入力します。

XSERVER サブFTPアカウント作成の画面2

「FTP容量」は、権限を与えて作業をしてもらうだけなので「0」で問題ありませんが、後々このアカウントでもメールのやり取り等する予定がある場合は、適宜容量を追加してください。

ちなみに、パスワードは何も気にせず長いものにしていたのですが、長すぎて怒られました。。

XSERVER サブFTPアカウント作成の画面3

ってことで、パスワードは半角8文字以上15文字以内で設定してください。

サブFTPアカウント設定内容の確認

『サブFTPアカウント設定』が完了すると以下のような画面になるので、

XSERVER サブFTPアカウント作成の画面4

上記枠内の3つの情報を、共有したい方へ渡してください。
これで全ディレクトリの全権限を渡さず、安心して作業してもらえますね。

ちなみに、phpMyAdminのユーザー作成方法も必要なので、また追記したいと思います。

とりあえず今回は以上です!

Google AdS



関連記事

WordPressのlightbox系プラグイン『jQuery Colorbox』のモーダルウィンドウの競合を回避する設定方法・他


長年画像をモーダルウィンドウで表示させるのに使っていた、WordPressのlightbox系のプラグイン『jQuery…

記事を読む▷


WP Social Bookmarking Lightを好きな場所に設置、移動する方法


WP Social Bookmarking Lightを好きな場所に設置、移動する方法です。 以前、自分で管理している…

記事を読む▷


MacのMAMPがやたら遅い!ブラウジングがやけに遅い時の対処方法色々


今までローカル環境でテストをするのが面倒で、本番環境で公開しないページを作成してカスタマイズのテスト等をしていました。…

記事を読む▷


WordPressのメニューを、footer等用に作成して追加する方法


WorPressのデフォルトでは、gnavi(グローバルナビ)にメニューを追加し、表示させることはできますが、foote…

記事を読む▷


お名前.com から脱出する!:ドメインの移管方法


『お名前.com』でドメイン取得してからは、『Whois情報公開代行』の件(詳細はこちら)で大変な思いをしたのですが、そ…

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Google AdS

  • Apple 製品情報




PAGE TOP