お名前.com から脱出する!:ドメインの移管方法

LINEで送る
Pocket

お名前.com』でドメイン取得してからは、『Whois情報公開代行』の件(詳細はこちら)で大変な思いをしたのですが、それ以外にもログインする度に更新の設定が毎回でてくる等、なにかとやり方がいやらしいなぁ。と感じていたので、早く移管してお名前.comから脱出しよう!と思っていたので、今回ドメイン取得からもうすぐ1年ということで移管することにしたのですが、いざ移管しようと手順通りにしても、移管先から『移管元に拒否された等の理由により移管が完了いたしませんでした。』とのお知らせが届き、なっかなか移管できませんでした。ですので、今回は同じように移管がスムーズにできずに、困っている方のために『お名前.com からの脱出方法(移管方法)』を書きたいと思います。

トラブルの原因

今回拒否された(移管できなかった)原因は、ドメイン取得時に問題になっていた“『Whois情報公開代行』の設定が解除されていなかったこと” が原因だったようなのですが、こちらの手順には

1.ドメインNaviにてAuthCode(オースコード)とドメインのWhois情報を確認
 ※必要に応じて変更

とは書いているものの、ドメイン移管する時に『Whois情報公開代行』を解除しないと拒否されるとは書かれていません。

お名前.comから脱出01

よ〜く全文を読めば、後の方にさりげなく解除しないとドメイン移管を不承認とするかも。とはあるのですが、最初から

※必要に応じて変更 ではなく、『Whois情報公開代行』を解除

と書いてくれればいいですのに。。

ってことで、ほんとなかなかたどり着けなかったその設定画面や方法を記載していきます。

移管の設定方法

  1. まずはお名前.comにログインし、『Navi Top』にいきます。
    お名前.comから脱出3
  2. 『自動更新の設定』がされてないとこのような画面に毎回なりますが、気にせず『このページを離れる』を押します。
    お名前.comから脱出4
  3. 『ドメイン一覧』から移管したいドメインの『Whois情報公開代行』を解除して(解除のページは省略)ドメイン名をクリックします。
    お名前.comから脱出5
  4. あとは該当ドメインの『AuthCode』をクリックすればコードが表示されるので、それを移管先の業者に伝えて申請すればOK!のはずです。
    お名前.comから脱出6

ふぅ。やっとここまで辿り着けた。。

まとめ

そんなわけで、ようやく『お名前.com』から脱出できたのですが、最後の最後までやり方がなんかもう、色々といやらしいなぁ。と感じてしまいました。。
お安くドメインゲットさせてもらったことは感謝してるんですけどね。。その気持ちだけは忘れず持っておこうと思います。
今までありがとうございました!



関連記事

これは便利!!WordPressの投稿内に、管理者やログインユーザーにしか見れないメモを残す方法


よく投稿を途中まで作って、なかなか仕上げれずに長い期間あいてしまうと『これなんのサイト参考にしてたんやっけ?』とか『え〜…

記事を読む▷


2015最新版:PING送信先リスト20(WordPress Ping Optimizerへ登録するPingのURL)


色々と設定の見直し中なのですが、PingはSEO対策では大切なんですよね?正直まだイマイチPingは把握しきれていません…

記事を読む▷


サーバー移転の手順 その3:移転後のトラブル


前回、前々回と書きましたが、サーバーの移転、少々、いや、かなりやいこしいです。できたあとは疲れ果てて『もーできたしえーわ…

記事を読む▷


ping_2017

2017最新版:PING送信先リスト16(WordPress Ping Optimizerへ登録するPingのURL)


久しぶりに新たなサイトのためにPingの送信先リストをチェックしてみたら、、、このようなよろしくない状態でした。。 …

記事を読む▷


2017最新版:SNS等の公式ロゴ(アイコン)素材のまとめ(Facebook, Instagram, Youtube, Twitter, Line etc.)


一度サイトを作ってしまうとなかなか更新せず使い回してしまうのが、この『SNSのロゴ(アイコン)』だと思うのですが、サイト…

記事を読む▷


opacityの書き方 クロスブラウザ


今までも書いてましたが、ほんとIE嫌い。 そして、これからもまた同じ事書くでしょう。 さて。クロスブラウザでIE…

記事を読む▷


[http] から [https] へ。常時SSL化対応:ワードプレス、エックスサーバー環境にて


今更ですが、、、SSL化対応することにしました。 Googleが『SSL化されたWebサイトはランキング評…

記事を読む▷


ドメインの管理、移管を最安値でする!!みんなのドメインへの移管(価格比較表あり)


なにやらみんなのドメインは危険そうなようなので、しばらく様子見た方が良さそうですね。 というわけで、みんなのドメインの…

記事を読む▷


URLwwwありなし

URLの正規化:wwwあり、なしのドメインを統一する記述方法(エックスサーバー(XSERVER) にて)


前回のブログ で.htaccessに301リダイレクトをするための記述方法について書きましたが、ついでにwwwあり、なし…

記事を読む▷


301_re-direct

301リダイレクトでサイトのリニューアル(ドメインを変更)する!:.htaccessの記述、設定方法、順序etc.


最近サーバーの見直し、ドメイン管理会社の見直し、サイト内の見直し等々しているのですが、以前から使用していたサーバー(エク…

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

参考にさせていただいてるサイト

PAGE TOP