WordPressで “SyntaxHighlighter” を使って、ソースコードをキレイに書く方法

LINEで送る
Pocket

よくwebデザイナーさんやクリエイターさん、プログラマーさんたちの書いてるwebサイトを見たら、ソースコードを、

<body>
  <div id="SyntaxHighlighter">
    <a href="#">これ、よう見るけどみんなどうやって書いてんにゃろ。どうやって使うん?</a>
  </div>
</body>

こんな風にキレイに書いてるのをよく見かけません?見ますよね?最近までこういう記事書かなかったので『これ、よう見るけどみんなどうやって書いてんにゃろ。どうやって使うん?』って思ってたんですが、記事にする事もないし、ま、いっか。と『?』を『?』のままで終わらせてたんですね。
でも最近、このブログでこれが必要となってきたので、今回はこの『?』について。

これは “SyntaxHighlighter” というライブラリを使って書いてるのですが、WordPress用には “SyntaxHighlighter Evolved” というプラグインがあるんですね。
今回はその “SyntaxHighlighter” をWordPressで使う方法、要するに “SyntaxHighlighter Evolved” の使い方、導入方法を簡単に紹介します。


2103/9/22現在
“SyntaxHighlighter Evolved” のバージョンは 3.7.1
“WordPress”のバージョンは 3.6.1
です。

導入方法は思っているよりも簡単です。
まずはWordPressにログインして、左のメニューバー/プラグイン/新規追加 等から、
“プラグインのインストール” の画面に行ってください。
で、検索欄に “SyntaxHighlighter Evolved” を入力して検索。
SyntaxHighlighter1のgifアニメ

するとこの画面にくるので、
SyntaxHighlighterの画像
“いますぐインストール” をクリックして “使用する” をクリックしたらとりあえず導入は完了です。

で使い方。これまた至って簡単。

ソースコードの前後に
[html]ここソースコード[/html]
[css]ここソースコード[/css]
こんな感じでいれるだけです。

htmlなら、

[html]
<html>
<head>
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=utf-8″>
<title>Wordpressで “SyntaxHighlighter” を使う方法これ、よう見るけどみんなどうやって書いてんにゃろ。どうやって使うん?  </div>
</body>
[/html]

※このままコピペしても使えません!

こんな感じ。
cssなら、

[css]
#SyntaxHighlighter{
 color:red;
 font-size:24px;
 border:1px solid #ABC;
}
[/css]

※このままコピペしても使えません!

こんな感じ。

ちなみに注意書きにも書いてますが、今回このソースはコピペできません。
この[]←半角でないと使用できないんですね。
上のデモの記載は、半角で書いちゃうとキレイに “SyntaxHighlighter” が有効になって表示されてしまって中身が見れなくなるので、全角の[]、また<>を使って書いてます。
ですので、コピペではなく、自分で[]の中にhtmlなり、cssなりを入れて記述&プレビューしてみてください。

ちなみに、上記のデモ記載を全角[]ではなく、半角[]を使って書くと、

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
<title>Wordpressで "SyntaxHighlighter" を使う方法</title>
 
</head>
<body>
  <div id="SyntaxHighlighter">
    <a href="#">これ、よう見るけどみんなどうやって書いてんにゃろ。どうやって使うん?</a>
  </div>
</body>

こんな感じ。
cssなら

#SyntaxHighlighter{
 color:red;
 font-size:24px;
 border:1px solid #ABC;
}

こんな感じ。

あと一つ気になる点があったので、それを変更して今は使ってます。
これ、設定次第で、backgroundの色を変えられたり、希望する行をハイライトにしたりできるのですが、枠の設定がないんですよね。デフォルトでは。
なので、ここで今表示されてるように、枠が表示される方法も書いておきます。

これまた簡単なので、是非やってみてください。

設定画面の、”追加のCSSのclass名(複数可能)” 部分に、クラス名をつけます。
SyntaxHighlighter3のgifアニメ
ABCでもなんでもOKです。それを記述したら、
左のメニューバー/外観/テーマ編集に行けば、最初に style.css の画面が表示されると思いますので、そこに自分のわかるように、

#ABC{
  border:1px solid #aaa;
  padding:5px 0;
}

こんな感じに設定すれば、こんな感じに表示されるようになります。

どうです?簡単だったでしょ?
ってことで、導入をお考えの方、是非チャレンジしてみてください!



関連記事

WordPressでGIFアニメが動かない時の対処法


今回アイキャッチ画像にGIFアニメを登録したのですが、登録時、また、メディアライブラリ内ではしっかりGIFアニメとして動…

記事を読む▷


2017最新版:SNS等の公式ロゴ(アイコン)素材のまとめ(Facebook, Instagram, Youtube, Twitter, Line etc.)


一度サイトを作ってしまうとなかなか更新せず使い回してしまうのが、この『SNSのロゴ(アイコン)』だと思うのですが、サイト…

記事を読む▷


アイキャッチ_RSSImport

WordPress:プラグイン”RSSImport”を使って気になるサイト等の最新情報を表示させる方法


前回はRSSのボタンを自分のサイトに表示させる方法を書いたのですが、今回は自分のサイト以外(勿論自分のものもOK!)の気…

記事を読む▷


opacityの書き方 クロスブラウザ


今までも書いてましたが、ほんとIE嫌い。 そして、これからもまた同じ事書くでしょう。 さて。クロスブラウザでIE…

記事を読む▷


onMouseOver、onMouseOutで、簡単に画像を切り替える


今までマウスオーバー等で画像を切り替える時は、jQueryを使ったり、cssで画像を重ねてopacityで画像を透過させ…

記事を読む▷


wordmork.itの画像3

wordmark.it でフォントを選ぶ方法


フォント選びって結構大変ですよね。使用するフォントによって、そのサイトなりデザインの印象が変わってくるので、色選びもそう…

記事を読む▷


z-index が効かない時の対処方法


z-index が効かない時がちょくちょくあります。でも、仕事でそういう場合に遭遇すると、その場しのぎで対処法を見つけて…

記事を読む▷


onMouseOver、onMouseOutで、簡単にテキストを切り替える!


前回のonMouseOver,onMouseOutで簡単に画像を切り替える!の続き、応用編です。 実はこちらサイト…

記事を読む▷


RSSフィードを設置してすぐにエラーが…


恥ずかしながら、RSSフィードを管理している全てのサイトに設置していませんでした。やろうやろう。とは思ってたのですが、ど…

記事を読む▷


スマホ、携帯からタップ(クリック)で電話を発信する、htmlの記述方法 コピペでOK!!


スマホ等のタブレット、また携帯で、電話番号をタップ(クリック)して直接かけるhtmlの記述方法です。 …

記事を読む▷


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

参考にさせていただいてるサイト

Error: Feed has an error or is not valid

PAGE TOP